NEWS

【子どもの教育費はいくらかかる?】

投稿日:

「教育費ってどれぐらいかかりますか?」と質問されることが多いのですが、

ざっくりの目安で、保育園から高校3年生までの18年間で約600万円(すべて公立)
その後私立大学(文系)に4年通うと約400万円で合計すると1000万円
私立大学理系になると、年間150万円ほどかかるので、6年で600万。
合計すると約1200万円。

理系の大学は半数以上が大学院に進学するので、さらに2年分の学費がかかります。
また進学先が家から遠い場合は、下宿や一人暮らしで、さらに仕送りとして年間約100万円程度が必要になります。
それらを足していくとびっくりする金額になります。

我が子も現在大学生が2人。下の子が入学した年には、入学金、学費、上の子の学費で、年間240万円が教育費としてかかりました。
これは学校に納入するお金で、このほかに大学に通う定期代、教科書代、お小遣い(昼食代)がかかります。
大学生になればアルバイトをするようになるので、自分の欲しいものや、友達と遊びに行くお金はそれぞれ自分で負担しているので、予測できない学費の支出は少なくなりました。

高校生までだと、模擬試験代、塾の夏期講習代、クラブ活動のユニホームや遠征費用など、急な支出があり、そのたびに「あーまたかぁ」と思いながらお金の準備をしていました。

 

さて、お金のかかる話ばかりだったので、ここ最近の教育費に関する良いニュースもお伝えします。
2020年から、私立高校、大学等(大学、短大、専門学校等)の学費の無償化が始まりました(対象校あり)。
どちらも所得の制限があり、私立高校の無償化の対象は目安で収入が590万円以下
大学の授業料は非課税世帯の場合は全額免除、それ以降は収入に応じて免除額がかわります。

私立高校無償化について

大学等の無償化「高等教育の修学支援新制度」

で検索できますので、該当する人は調べてみてください。
これらの制度を活用すれば、金銭的な理由で進学をあきらめていた子どもたちも、希望の進路に進めるチャンスが広がりました。
また改めて高等教育の修学支援制度については書いていきたいと思います。

 

ひとり親の方向けにゆうちょ財団主催のオンライン相談を担当しています。

(これからひとり親になるかもしれない方、子どもさんからの相談も可能です。)

お申込みはコチラ(無料のZOOM相談)

*10月8日の相談は私が担当です。
平日ですが、また2枠空きがありますので、ぜひご活用ください。

-NEWS

Copyright© 中島FP事務所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.